ケーススタディ

GJCの事例一覧

グローバル経営管理ツール「シンガポール現地法人管理とグループ管理」

海外子会社管理において、子会社の不正を早期発見できるシステムを構築することは不可欠です。しかし、内部に適切な人材がいない、予算がないなどの理由で、きちんと体制が整わず不正が発生してしまう企業が多くあります。今回ご紹介する弊社取扱い事例も、そのような状況により、海外子会社で重大な不正が多数発覚しました。では、このような事態を防ぐために、どのような対策が必要になるのしょう?シンガポールに子会社を置く不動産会社のケースを例に考えてみましょう。

グローバル経営管理ツール「化粧品メーカーの海外子会社管理  後編:在庫管理」

今回は、「化粧品メーカーの海外子会社管理 前編:グローバル経営管理ツール活用術」に引き続き、後編として、同クライアントの海外子会社の在庫管理についてお話しします。

グローバル経営管理ツール「化粧品メーカーの海外子会社管理 前編:業務改善とモニタリング強化」

「グローバル経営管理ツールって大企業が使うもの。うちみたいな中小企業には縁のない事」
そう思っていらっしゃる経営者の方は多いのではないでしょうか?

「2018年版 小規模企業白書」第2部 第1章 第2節“小規模事業者の経営者の業務負担”によると、近年の人手不足への対応として、経営者が労働時間を増やし対応する傾向が強く、経営者の負担が増している事が分かりました。中でも特に負担となっているのが、「在庫管理」「財務・会計(記帳)」「受発注」といった間接業務で、それらを「紙」で管理している事業者がとても多い事も分かりました。では、小規模事業者の経営者の負担を減らし業務改善をするにはどうしたら良いのでしょうか?今回は、アジア各国にビジネス展開する化粧品メーカーを例に見ていきましょう。

グローバル経営管理「インド支店•子会社管理と給与情報管理」

グローバルジャパンでは、これまで海外子会社管理に課題を抱えた企業の立て直しをしてきましたが、適切な準備•対応により最初から海外展開を軌道に乗せる事ができたケースも数多くあります。
今回ご紹介するケースは、子会社立ち上げの時から弊社のサポートがありましたが、クラインアントが元々コンプライアンスと適時報告への意識が非常に高かった事もあり、スタートから順調に海外進出を成功させました。また、弊社のグローバル経営管理ツールを導入により、モニタリングが一層強化され大きな成果を挙げました。

グローバル経営管理ツール「グローバル・キャッシュ・マネジメント」

近年、企業活動のグローバル化が進み、グループ会社全体での資金コントロールの意識が高まっています。企業グループ全体の資金をグローバルに一元管理することで、資金を効率的に利活用する手法をグローバル・キャッシュ・マネジメントと言いますが、海外子会社及びグループ全体に関しての資金管理が、適切にできていない場合も多く見られます。

グローバル経営管理ツール「海外子会社における在庫管理」

グローバル経営管理ツール「海外子会社における不正の予防と対策」

インド会社設立で求められる取締役識別番号(Director Identification Number – DIN)とは?

インドにおける納税者番号(Permanent Account Number-PAN)とは?

PANカードとは? 使用目的、取得すべき人、取得方法、提出書類、必要期間を詳しく説明。

インド 化粧品(Cosmetics Registration) 製品登録手続

インドにおける化粧品(Cosmetics)の製品登録手続について解説。

インド 外国直接投資 ( Foreign Direct Investment : FDI ) 規制 - 小売

海外子会社における不正のトライアングル

香港に事業統括会社を設立。香港での節税のメリット享受。

(中国地方 外食事業)

中国地方でレストランチェーン店を運営する等の外食事業を営む企業(国内従業員数50名)。
中国市場での事業拡大、さらに本格的にアジア市場の開拓を目指し、グループ再編を検討しているとご相談をいただいた。

日本人駐在員不在のインド子会社の管理業務を全面的にサポート

(九州地方 機械部品製造)

九州地方で機械部品製造事業を営む企業。100%子会社であるインド現地法人の取締役兼現場責任者としてインド人を雇用し、同じく取締役である日本人は出張ベースでインド事業の管理運営を行っていた。

合弁企業の管理問題を解決(中部地方 機械部品製造)

(中部地方 機械部品製造)

中部地方の中堅機械部品製造企業(70名)。タイのパートナー会社と合弁会社を設立したが、経理・財務などの管理業務を担当するタイ企業から、なかなか財務データが入手できないという問題を抱えていると、本社財務部門からご相談いただいた。

インド会社の債権管理プロセスの改善

Global Japan Consulting